思考の変換

なんで、自分だけは大丈夫だと思うのか?
本当に恐ろしいよ~アル中は
酒がいかにひどい毒物であるかを認識していくと、
だんだんと酒に対して幻滅するようになっていきます。
自分は今までこんなものをありがたそうに金払って飲んでいたのか(>_<)」と。
お金を払う価値もない。
飲む価値もない。
今まで宝物に見えていたものが実はただのガラクタだったというふうに思えて。
すると禁酒に対する意識が「もう二度と酒が飲めないのか・・・」ではなく、
「よかった、もうこれで二度と酒を飲まないで済むんだ」に変わっていくのです。
こうなると、そもそも酒を飲みたくないわけで、飲酒を正当化する言い訳も出てこなくなります。
だから、本当は飲みたいのに我慢してるのではなく本当に飲みたくもなくなる訳です。
卒酒とは苦痛とか我慢とかとは無縁です 爆(^^)

広告